【アメリカの会計事務所CDHのお役立ちコラム】知っておくべきアメリカにおけるクレジットスコアを上げるポイント | 日本企業の海外進出支援サイト ヤッパン号


flag-usaアメリカに関するコラム

【アメリカの会計事務所CDHのお役立ちコラム】知っておくべきアメリカにおけるクレジットスコアを上げるポイント

アメリカではクレジットスコアが特に重要視されます。スコアが良ければ、ローンを組むことも容易で、さらに低金利でローンを組むことができます。また、なによりもその人の信用性が飛躍的にアップします。年収が高くてもクレジットスコアが低ければ信用性も落ち、収入が低い人よりも不利な条件を受け入れなければならないことが多々あります。

クレジットスコアを下げないためのポイント:
クレジット限度額を使い切らない。限度額の50%を上限として利用する。
クレジットカードをたくさん所有しない(2~3枚程度に抑える)。
クレジットカードは毎月使い続ける。高額な購入である必要はない。
車のローンなどクレジットカード以外の借金返済を続ける。
クレジットスコアが優良な人の5つの特徴(参照:Ellen Henderson Sirull by Experian Customer Services)

クレジットレポートを定期的に入手する

自身のクレジットを定期的にチェックすることにより、問題を早期発見できます。またどのような履歴がクレジットのスコアに影響するのか学ぶことができ、スコア改善に向けた行動を意識できるようになります。

貯蓄目標額を設定する

毎年初に貯蓄する目標金額を設定し、貯蓄計画を立てることは、衝動買いを抑えることにつながるだけではなく、年収に対する支出のバランスをどのように保つのか考えるとても良いプラクティスです。

自分自身を褒める

貯蓄目標を達成したり、少ない借入額でも完済目標を達成できたら自分自身にお祝いすることです。残っている借り入れに対しても返済意欲が出てきます。

一時的な衝動による無理な行動を慎む

急激なダイエットにはリバウンドの危険が潜んでいることと同じで、返済も無理をしないことが肝心です。お金に余裕があるからといって、一時的な気分で無理な返済をしても、続かなければ返済意欲は失われてしまいます。計画通りに返済を行うこと、決して背伸びしないことが重要です。

時間をかけて物事を判断する

必要でもないのに新しいクレジットカードを申請したり、買い物に夢中になってクレジットの限度額を超えた買い物をしてしまうことを避けましょう。

短期間にクレジットスコアを上げることはとても難しいです。クレジットスコアは長い期間に渡り上がっていきますので、毎月こつこつ遅れずに返済することを心がけましょう。

上記コラムを寄稿した専門家に直接相談

flag-usa アメリカ進出支援のプロフェッショナル

CDH プリンシパル 大久保 潤

ご質問やご相談にプロフェッショナルがお答えします。

海外進出に関する総合的な問い合わせ窓口

海外進出コンシェルジュ無料相談はこちら

ご相談の流れについて

掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(ISHIN SG PTE. LTD.)は
何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。

一覧に戻る
海外進出支援コンシェルジュ
インバウンド特集
海外進出支援コンシェルジュ
  • 海外で高速インターネット!海外用格安WiFiレンタルのグローバルWiFi
  • 海外進出支援 専門家
  • 海外進出レポート

ページ上部へ
MAIL info@yappango.com

海外視察ツアー
海外ビジネスセミナー
海外進出支援の専門家
海外進出Q&A
海外ビジネスニュース
海外進出企業インタビュー
運営会社
運営方針
サイトマップ